エロチャットに浸る日々

エロチャットを楽しむ

このブログでは、エロチャットを中心にしていこうと思っている。
エロチャットはYoutube生放送のアダルト版みたいなもんだ。

生放送中に女子がカメラに向かってオナニーとかをしちゃうんだな。
興奮するよね。
俺、最初このエロチャットを見た時かなりの衝撃を受けたよ。
Youtubeの生放送はゲーム実況とか、好きなYoutuberの生配信を見ていた。生放送、つまりリアルタイムってことだ。

リアルタイムに女子が俺のコメントに反応しながらオナニーする姿は、かなりいじらしくてかわいらしい。
実際に会ってめちゃくちゃに抱いてみたいと思ってしまう気持ちを抑えて、リアルタイム版のAVだと自分に言い聞かせている。
みんな素人だから、たまに処女とか普通にいる。(本当かどうかは知らんが)
本人の口から処女って言ってるんだから、そう思うしかないだろう。
そう思った方が見ている方も謎の優越感に浸れるしね。

それに男の俺からすれば、「もしかしたら出会えるんじゃないか」なんて思ってしまうわけで。
実は1度マジで好きになってしまった女子に「会ってほしい」と懇願したことがあるんだ。
もちろん結果は惨敗。
出会い系みたいな会う会う詐欺じゃなくて、最初から断られたよw
「会っている時間はお金にならないじゃん」「それにそこらへんはサイトのルールが厳しいからムリだよ…」
といわれてしまったのだ。

あの時は普通にショックだった。

ネット越しの相手になに本気になってんだと思いつつ、ショックを隠しきれなかった俺はそのメールに返事をしていない。
もちろんストーカー行為はしていない。
サイト上でしかやりとりをしていなかったし、彼女の本名すら分からない。
でもあの時は「もしかしたら」っていう気持ちが強すぎて、自分でも可能性があるかもって思ってしまったんだよね。

これからエロチャットを始める諸君!
くれぐれもエロチャットでやりとりできる女子には「会おう」なんていわないようにしろよな!
最悪の場合「もう気まずいからチャットに来ないで」なんて言われたり、アカウントブロックを受けたりする人もいるらしいぞ。

なんで俺がエロチャットにハマってしまったのか。
答えは単純だ。
彼女がいなくて寂しかったから。
まだ30代だけど、男の30代で未婚ってかなり致命傷な気がするよ。
だからほぼ現実逃避目的で、エロチャットにいる女子の癒しを求めるようになってしまったんだ。

エロチャットにいる女子はいろんなタイプがいる。
例えば小悪魔系、あざとい系、カワイイ系、美人系とかな。性格はほんと人それぞれって感じで、ネット版のキャバクラで接待を受けている気分になるよ。

まあキャバクラっていっても、酒なしお触りなしなんだけど。

俺が出会いを求めたのは小悪魔系な女子だ。ほんとうに小悪魔で、俺が求めていることが丸分かりみたいでなんでもいい当ててくるんだよな。

本当にビックリしたよ。

「ミノルさん今エッチなこと考えてたでしょ」
「もうお家ついた~?」
「今度チャット来てくださいね♡」

とかがメールとかで来ていたんだ。
俺、かなりわかりやすいタイプらしく生活の行動パターンも把握されていたらしい笑
まあ、誰とも付き合っていない&別に会社の人とも飲みに行くわけでもないから。
平日は仕事から帰ってきて、22時くらいにはテレビ見ながらゴロゴロしているみたいな毎日を送っているよ。

そんなこともお見通しだったらしく、「今度○○行ってみるといいよ」とかなぜか外出することをオススメされてしまうという笑

でも俺インドア派だから別に外出が少なくても苦じゃないっていうな。

この子とはまだ連絡をとっているよ。
でも「会いたいな!」と言ってしまったあとからは、普通に気まずくてメールの回数も減ったし、チャットの回数も段々減りつつある。
俺はまだやりとりをしたいんだが、なかなかそういうわけにもいかず。

やっぱり1度出会いを求められてしまうと、女子の方も「こいつ面倒だな」なんて思ってしまうのかもしんない。

ちなみにこの子の名前はミキちゃん。
自己紹介がだいぶ遅れたが、俺の名前はミノルだ。ミノルなんていつの時代の名前だよなんて思うよね~。
俺も物心ついた時からずっと思ってる。
まあ名前なんてしょせん名前だし、別に改名したいわけじゃない。

改名の手続きなんてめんどそうだしな。

あーミキちゃんに会いたいよー。
1度でいいから出会ってくんないかなあ。
まあムリなんだけどねえ。